令和元年幹事学年「快汗、どすこい塾」からの挨拶

令和元年幹事学年「快汗、どすこい塾」からの挨拶
平成4年卒、「快汗、どすこい塾」実行委員長小畑啓です。2019年11月24日にハイアットリージェンシー東京におきまして、令和初の総明会総会懇親会を無事開催することができました。ご来賓の皆様ならびに恩師の先生方には多数ご参加いただけましたこと、とても嬉しく思います。
「あはは、あれ受けちゃったんだ。大変だよー、45歳の年になったら…」なんてどなたかから言われたのも私が18歳の頃の話です。振り返ってみれば、私の27年と8ヶ月と2週間と9時間は誰にも恥じることのない、充実した時間でした。そしてご支援くださった先輩方や、日に日に増えていった同期の仲間たちとともに過ごした一年間、我々どすこい一同にとっても一生の思い出です。本当にありがとうございました。
さて、次年度以降の幹事学年の皆さんへ。会報にも書きましたが総明会は青春です。最初の青春は猿楽町や調布の学び舎で過ごして来たはずです。楽しかったですか、もしかしてもっとやれたはず…って後悔しちゃってますか。後悔することなんかないですよ、プロレスだって青春なんです。
先輩達の想いをつなぐ。でもその姿は時代と共に変わるのが当然です。では、変わらないものはなんでしょう。シンプルですよ。「この学校が大好き」それだけで充分。気負う必要はありません。だけどそれが一番大切な想いですよね。
これから先、「君たちの好きなようにやればいいよ」と先輩方から言われることがあると思います。それはきっと「君たちの大好きを見せてよ」ってことなんだと思います。
僕は皆さんの大好きが見たいです。
令和元年11月30日
第55回総明会総会懇親会
実行委員長 小畑啓